トップ>細胞プロセッシング室 / 生体試料管理室 > 保存エリア(フリーザー室)

保存エリア(フリーザー室)

b_h_01

生体試料のデータベースは北大病院の電子カルテのインターフェースを利用して連動しており、電子カルテから検体採取のオーダーを出すことができ、匿名化番号とバーコードで管理されます。その際、必要な診療情報が自動的に電子カルテから引き出されバンキングデータベースに保管されます。

保管検体はバリデーションされた監視システムとフリーザーにより24時間温度管理されており、要望があればバリデーションデータの提示も可能です。

また、生体認証システムによる入退室管理を行っており、部外者の出入りを厳しく制限しています。

温度監視システム
●温度監視システム
生体認証システム
●生体認証システム
●生体認証システム
●生体認証システム
【各区域】

ページ先頭へ