トップ>臨床研究品質確保体制整備病院について

臨床研究品質確保体制整備病院について

臨床研究品質確保体制整備病院は日本発の革新的な医薬品・医療機器等の創出、難治性疾患や小児疾患等の新規治療開発、最適な治療法の確立をめざし、国際水準の質の高い臨床研究を実施することを目的としており、この中で本院は臨床研究品質確保体制整備病院としてその中心的な役割を担います。

この事業を通じて、「信頼される臨床研究」を「北海道から世界へ発信する」臨床研究拠点となるべく、尽力して参りますので、今後ともご愛顧いただければ幸いです。

「臨床研究品質確保体制整備病院」 事業概要

  • ○日本発の革新的な医薬品・医療機器の創出等を目的に、国際水準の臨床研究、難病等の医師主導治験及び市販後臨床研究等(以下「国際水準の臨床研究等)」の中心的役割を担う「臨床研究品質確保体制整備病院」を整備する事業。
  • ○選定された機関は、以下の基盤構築を行う。
    • ・自ら国際水準の臨床研究等を企画・立案し実施するとともに、他の医療機関が実施する臨床研究を支援できる体制
    • ・倫理性、科学性、安全性、信頼性の観点から適切かつ透明性の高い倫理審査ができる体制
    • ・関係者への教育、国民・患者への普及啓発、広報体制 等
  • ○整備事業と連動して、国際水準の臨床研究等を行うための研究費を補助する。
  • ○補助期間は平成24年度からの5年間を予定。
平成24年度 採択機関

北海道大学病院、千葉大学医学部付属病院、名古屋大学医学部付属病院、京都大学医学部付属病院、九州大学病院

平成25年度 採択機関

東北大学病院、群馬大学医学部附属病院、国立成育医療研究センター、国立病院機構名古屋医療センター、岡山大学病院

北海道大学病院 臨床研究品質確保体制整備病院 整備事業

北海道大学病院は以下の5点を柱とした事業を展開し、日本の臨床研究の推進に貢献します。

  1. 1.病院長の責任下での体制の確立
  2. 2.出口を見据えた臨床研究体制の整備
  3. 3.ICH-GCPに準拠した臨床研究の実施
  4. 4.多施設共同研究体制の整備
  5. 5.国民の理解に基づく臨床研究の実施

北海道大学病院の事業実施体制は以下の通りです。


本事業の中心的な役割を果たす臨床研究開発センターの組織は以下の通りです。


各部門の業務の詳細については「各部門の紹介」ページをご覧ください。

北海道大学病院 臨床研究品質確保体制整備病院 研究事業 

平成24年度 採択研究
  1. 1.抗精神病薬使用時の代謝能変化に関する研究
  2. 2.小児難治性急性リンパ性白血病の化学療法
  3. 3.中枢神経疾患の再生治療法の開発
  4. 4.小児脂質代謝異常症の治療法の開発
  5. 5.遺伝性腎疾患の肝嚢胞に対する治療法の開発
  6. 6.心不全の細胞治療法の開発
平成25年度  採択研究
  1. 1.炎症性腸疾患の細胞治療法の開発
  2. 2.分子標的治療薬を用いたコンパニオン診断治療法の開発
平成26年度 採択研究
  1. 1.腫瘍特異的発現酵素を標的とした腫瘍診断薬剤の開発
  2. 2.スポットスキャン陽子線治療装置を用いた放射線治療の安全性試験

臨床研究支援についての詳細はこちらをご参照ください。

ページ先頭へ