トップ>橋渡し研究>支援シーズについて

支援シーズについて

1. 支援シーズ募集対象事業および、支援シーズ実績

日本医療研究開発機構
「革新的医療技術創出拠点プロジェクト」

1)文部科学省「橋渡し研究加速ネットワークプログラム」(平成24年度~28年度)

http://www.tr.mext.go.jp/

■支援対象の研究テーマ

  • 医薬品・医療機器、体外診断用医薬品、再生医療などの実用化に関係するもの。
    アカデミアから特許出願が見込める、もしくは出願済のテーマが望ましい。
  • ヒトへの適応を目的とし、安全性・倫理性が確保されるものであること。
    臨床試験に向けた基礎研究・非臨床試験が進行中、または予備的な臨床研究が進行中であるもの。
  • 治験または先進医療を経て、医療への定着・普及が期待されるもの。

■平成26年度 文部科学省 シーズ支援制度

区分 シーズA シーズB シーズC
対象 関連特許出願を目指す基礎研究課題
(目安として2年以内に特許出願を氏、シーズBへの移行を目指す)
関連特許出願済みであり、非臨床POC取得及び治験届提出を目指す課題
(目安として3年以内に非臨床POC及び治験届提出をし、シーズCへの移行を目指す)
治験又は高度・先進医療を実施し、ヒトPOC取得を目指す課題
(目安として3年以内にヒトPOC取得を目指す)
補助額 文科省よりHTRを通じて研究室に対し、原則1年間、1課題当たり最大500万円の研究費を配分 文科省よりHTRを通じて研究室に対し、原則1年間、1課題当たり最大5,000万円の研究費を配分 文科省より治験実施機関に対し、およびHTRを通じて研究室に対し、1年間(最大5年間まで)、1課題当たり、最大8,000万円の研究費を配分
上記補助金の中から、HTRの年間支援内容に応じた対価をいただきます。
審査 HTRにて審査 HTRを通じ文科省にて審査 HTRを通じ文科省にて審査
補助期間 原則1年(進捗によって延長可能)
次年度継続
審査
推進委員の意見を踏まえ、減額する可能性あり 推進委員の意見を踏まえ翌年度の補助対象を決定 課題選考委員の意見を踏まえ翌年度の補助対象を決定

■平成26年度 支援シーズ実績数(北海道大学分)

省庁 事業 登録数 省庁採択数
文部科学省 橋渡しシーズA 9件  
橋渡しシーズB 10件 2件
橋渡しシーズC 5件 2件
合計 24件 4件

■ICD10に基づく平成26年度橋渡し支援シーズの分類(北海道大学分)

ICD10 国際疾病分類第10版(2003年改訂) 医薬品 医療機器 細胞・組織 診断技術
分類見出し A B C A B C A B C A B C
感染症および寄生虫症                   1     1
新生物 3 1     1 2       2 1 1 11
血液及び造血器の疾患
ならびに免疫機構の障害
                    1   1
精神および行動の障害 1                       1
神経系の疾患   1       1             2
循環器系の疾患                         0
呼吸器系の疾患                         0
消化器系の疾患       1       1         2
皮膚及び皮下組織の疾患 1                       1
筋骨格系および結合組織の疾患           1             1
尿路性器系の疾患                         0
症状、徴候および異常臨床所見・
異常検査所見で他に分類されないもの
        1               1
損傷、中毒およびその他の外因の影響   1     1 1             3
5 3 0 1 3 5 0 1 0 3 2 1 24

2)厚生労働省:「臨床研究中核病院整備事業」(平成24年度~28年度)

http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/isei/chiken/03.html

■「臨床研究中核病院」に求められる3つの機能

  • ◇大学発の医薬品候補物質などを用いた国際水準(ICH-GCP準拠)の臨床研究を実施できる
  • ◇患者数の少ない難病・小児等の医師主導治験を実施できる
  • ◇市販後に既存薬の組み合わせ等により最適な治療法を見出す臨床研究を実施できる

■平成26年度の支援実績

  • ①新規医薬品・医療機器の開発、再生医療・細胞治療の推進(支援実施数…5件)
  • ②難治性疾患・小児疾患の治療法開発、未承認薬等の適応拡大(支援実施数…4件)
  • ③至難医薬品等による最適治療の確立、ガイドライン策定への貢献(支援実施数…2件)

2. シーズ支援のロードマップ

3. シーズ支援に関するお問い合わせ

ご興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ先:
臨床研究開発センター
臨床開発推進部門 事務担当 (電話:011-706-6898)

ページ先頭へ