トップ>一般の方へ

一般の方へ

現在、世界中で数多くの「くすり」がつかわれています。しかし、まだまだ治療の難しい病気が少なくありません。これらの病気に対して、良質な「くすり」を作ろうと世界中で「くすり」の研究開発がさかんに行われています。
しかし、研究者や医師だけでは、新しい「くすり」を世に送りだすことはできません。
「くすり」を開発するには、患者さまのご理解とご協力が是非とも必要です。現在、病院等で使われている「くすり」も、多くの人たちの協力によって誕生した、言わば「先人からの贈り物」です。
最先端の治療を受ける機会を得ることや、あるいは新しい「くすり」を次の世代に贈るために、あなたも「治験」や「臨床研究」 への参加を通してご協力いただければと考えています。

cr_image

「臨床研究」のうち、新しい治療や予防などを試み、医薬品等の効き目や副作用について調べることを「臨床試験」といい、特に医薬品や医療機器、再生医療製品について、厚生労働省から製造販売の承認を受けるために実施する臨床試験を「治験」といいます。

 

 よくあるご質問

臨床研究や治験に関して、よくご質問いただく内容をQ&Aにまとめましたのでぜひご参照ください。

臨床研究に関すること

臨床研究とは、病気の予防・診断・治療方法の改善や病気の原因解明のために、人を対象に行う研究の事です。
臨床研究を行うには、患者さんやボランティアさんのご理解とご協力が必要となります。
北海道大学病院では臨床研究の実施にあたり、参加いただく方の権利や安全が守られているかについて厳密な審査を行っています。

治験に関すること

人での有効性や安全性を確認する試験のことを「臨床試験」といいます。
その中でも「くすり等の候補」を、病気の治療に必要で、かつ安全に使用できる「医薬品」「医療機器」「再生医療等製品」として、国から製造販売の承認を受けるために行う臨床試験のことを「治験」といいます。

soudan

ページ先頭へ