臨床研究・治験の メリット・デメリット

メリットの一例
  • 研究・治験に参加することが、
    新しい「くすり」の誕生や将来の医療の進歩に役立ちます。
  • 最新の「くすり」による治療を受ける事ができます。
  • 副作用などにいち早く対応するため、
    通常より細やかな診察・検査が行われます。
  • 治療費や薬代がいつもより少なくなる場合があります。
デメリットの一例
  • 今まで知られていない副作用が出る可能性があります。
  • いつもより診察や検査の回数が増える事があります。
  • 研究で使用する「くすり」の効果を見るために
    普段飲んでいる薬が併用できない事があります。
  • 決められた日程で通院、診察・検査を受けて
    薬の飲み方などルールをキチンと守る必要があります。

その他、臨床研究や治験で分からない事や聞きたい事がありましたら、
下記の相談窓口からお問い合わせください。

臨床研究・治験 相談窓口
TOP