シーズ関連

新たな産業を生み出す芽となる研究や事業化が見込まれる開発研究について
プロジェクト全体の管理・支援を行います。

支援内容

橋渡し研究の推進

支援候補となる研究テーマ(医薬品、医療機器、再生医療、体外診断薬など)の探索、開発方針の策定、規制当局とのレギュラトリーサイエンス戦略相談など、業務計画策定および円滑な業務体制整備を担当し、研究者を支援します。

  • プロジェクトの戦略策定支援
  • 支援研究の探索・開発支援
  • 学内関連部署との連携
  • 他大学、企業との連携
  • 各種当局対応の支援

知財支援

支援研究および支援候補研究に関する特許出願の戦略的アドバイスや関連書類の作成を支援します。大学本部機関と連携した知財情報の管理を通じ、知財リスクの低減・技術導出の促進を目指します。

  • 特許出願・権利取得に関するアドバイス
  • 知財情報・技術導出関連情報の管理
  • 特許出願に係る手続きの支援
  • 大学本部機関と連携した技術導出支援

非臨床試験マネジメント

非臨床試験に精通した専門家を中心に、開発戦略策定、規制当局とのレギュラトリーサイエンス戦略相談などを支援します。早期に臨床試験が開始できるよう、効率的な非臨床開発の推進を目指します。

  • 非臨床開発戦略の策定支援
  • 研究者および関連企業間の調整
  • 各種当局対応の支援

臨床試験マネジメント

新しい医療の候補となるシーズについて、医師主導治験を含む臨床試験の実施を支援します。具体的には、臨床試験の戦略策定、研究実施計画書等の作成支援、試験の進捗管理、規制当局対応など、臨床試験の開始から終了後まで、それぞれの開発段階に応じた支援を行います。また、臨床試験の管理および研究者や学内外の関係部署、関連企業間の調整を図り、臨床試験の円滑かつ迅速な進行を支援します。

  • プロジェクトの目標達成のための戦略策定支援
  • 研究実施計画書などの文書作成支援
  • 研究者および関係部門間の調整
  • 臨床試験を支援する担当者のチームビルディング
  • リスクマネジメント
  • 臨床試験の進捗管理
  • 臨床試験における調整事務局業務
  • 先進医療などの申請支援

詳細については「臨床研究支援について」のページをご参照ください

支援対象と支援決定までの流れ

支援対象シーズ

支援決定までの流れ

支援を希望される研究者、企業の方は、いつでも当センターの担当者と相談頂けます。支援候補の研究シーズについては、当センターで評価し、支援内容を検討します。
当センターでの支援に対し、料金表に基づき対価をお支払い頂きます。また、当センターで扱う研究シーズについては、機密保持下にて管理されます。

TOP